2021/08/02

デリヘルは修正パネルマジックが凄い!

デリヘルは修正パネルマジックが凄い!

デリヘル写真は実物と全然違う!?

風俗を利用しない女性に分からず、エロ男性に分かる言葉、それがパネルマジック。コインをボトルに落とし込んだり、拳からハトが飛び出すマジックではありません。
パネルマジックとは風俗業界でよく見られる、風俗嬢の写真パネル加工を意味しています。
皆さんの中でも自撮り写真のトーンをよくしたり、少し肉回りをほっそり加工する方もいると思いますが、風俗とくにデリヘルの場合はプロの加工職人によりかなりハードな加工が行われます。

つまり、この女の子はタイプ!かわいい!と意気込んで指名をしてみたものの、修正が随分派手に行なわれていたがゆえ、実物の女の子が全く別人に見えてしまう!それがパネルマジックなんですね。
18歳、女子大生の美人さん、それが実物は30代後半、ふっくら系の疲れた主婦だった!またはモデルを自称する女の子を指名したら、歯抜けの身なりに清潔感のない20代の女性が来たなど……。
パネルマジックがさく裂するとこんな災難が待っており、人はそれを地雷を踏んだと表現します。

ここをチェック!パネルの違和感はコレ!

デリヘルに通い詰めると、もはや写真が実物ではないことを盾に、いちかばちかの博打としてフリーで楽しむ猛者も出現しますが、初心者の方はやっぱりそこまで開き直れません。
ここではパネルマジックを見破る方法をいくつか解説していくので、デリヘルの女の子選びの参照にしてくださいね。

①修正多発地帯は目、輪郭、肌、胸と体格全般
②風俗嬢皆同じポーズ、同じ撮影空間は黒
③一部空間の歪みが生じている
④皆同じようなルックスと体系
⑤輝かしい肌

これらのポイントはパネマジを見抜く一つのヒントになっていきますが、特に②、④は抑えておきたいところ。
女性皆が同じような顔に見えたり、撮影場所、シチュエーションが同じ場合はパネマジ率が高くなるので注意が必要です。
なおデリヘル女性は写メ日記を更新している女性が多いですが、基本写メも加工されているので、適切な女の子選びの役にはたちません。
なるべく動画などの加工難度が高い材料を用意しているお店の女性をチョイスするといいでしょう。

デリヘルの利用満足度を高める方法

デリヘルは派遣型風俗ということもあり、WEB上の写真と実物の落差に落胆し、やる気そのものを削がれるパターンがほとんど。
しかしお店選びをしっかり行うことで、かなりのメンタルダメージを防ぐことが可能です。
つまり自分のタイプ、好みのプレイを明確にして、そのコンセプト店を選ぶことです。ふっくらが好きならデブ女子が集まる、たわわなお店のドアをノック!若干写真と差があれど、ふくよかコンセプトにガリガリの女性は在籍できないので、それなりの満足感は感じられるはずです。
また低価格になるにつれ女の子のクオリティーが低くなり、なおかつパネマジの度合い、確率も高まります。
その為写真とほぼ同レベルの実物とプレイをしたい場合は、そもそも女の子採用難度が高い高級ラインのデリヘルを利用するといいでしょう。